O1-275ME

【新発売】allone275MEとallone276PEの違い

allone275MEのMEはメディカル エディション(Medical Edition)にallone276PEという新機種が追加になりました。

オールワン276PEのPEはパーソナル エディション(Personal Edition)の略となります。

オールワン276PEの価格は20万円(税抜)なので非常に魅力的な量子波動機器です。

今回はPEとMEの同じ機能と違う機能についての記事を方書きましたのでご覧になってください。

o1-275MEとo1-276PEとの同じ機能

FIスペクトル分析という体の波長の分析方法は同じです。

PDF19枚にもなる「波動の異常予測の分析報告」は両機種ともでます。

ただし、オールワン276PEのFIスペクトル分析は、275MEよりも測定時間がかかり、最初は多少のコツがいります。

276PEのFIスペクトル分析の動画がありますので、ご覧になってください。

オールワン275MEとオールワン276PEの違う機能

長所と短所も含めて違う機能がありますので紹介します。

大きさの違い

機能ではありませんが大きさの違いです。

写真の左側のPEの方がちょっと薄めで約0.8センチです。

MEは、約1.5センチです。

PEのベルトはやや硬めです。

使える人数の違い

MEは、ゲストモードを使えば誰でも使う事ができるのに対して、PEはパーソナルエディションの名前からもわかるように、登録した人1人しか使えません。

PEは登録した1人しか使えないので体験会では残念ながら、お見せすることしかできません。

スペクトル調整モードの違い

オールワン275MEとオールワン276PEにのスペクトル調整モードが大きくことなります。

275MEのスペクトル調整モードは

  • O1木火土金水五行の感応モード
  • O1Fusion(瞑想モード)
  • O1量子スペクトルモード
  • O1運動モード

があります。

276PEのスペクトル調整モードは、調整したい部分は好きなものを自分で選んでIphoneから転写して使います。

全部てんこ盛りで転写することもできるようです。効果はどうかとちょっと疑問ですが・・・

動画ありましたのでご覧になってください。

スペクトル調整モードの時間の違い

275MEは、運動モード以外のモードは15分程度使えば波動を80%ぐらい調整することができます。

私はスクワットしながら測定する運動モードはあまり使いません・・・

対して276PEは、24時間ずっと276PEをつける必要があり、その部分が大きく違います。

ただしこれは人によっては長所にも短所にもなりますね。

276PEでもつけていれば体の調子がいいのはわかる人にはわかりますから。

他に必要なものの違い

オールワン275MEは、本体の他にIPhone(7以降)かIpad(2015年1月以降のもモデル)

オールワン276PEは、本体の他にiPhone(7以降)のみ

となっています。

ちなみに私は今までIphone6Splusを使っていましたが、PEを使うためにXRを購入しました。

オールワン1台に対して1台づつのIphoneが必要になります。

価格の違い(2019年5月現在)

オールワン275MEの価格は66.6万円(税抜)

オールワン276PEの価格は20万円(税抜)

となっており、どちらもバイオレゾナンス、メタトロン、ニュースキャンのような量子波動機器にくらべかなり格安となっています。

どっちが売れているの?

オールワン276PEは発売されたばかりですが、どっらが売れているかといえば、オールワン275MEの方が売れています。

PEの方は個人用なので体験してもらうことができず、実際にallone275MEを体験してもらえば多くの人が体感を感じる効果に購入される方が多いのです。

allone 276PEは購入される方は以前から275MEを使っていて追加機種として購入されるケースはとても多いです。

機能の違いについてはいかがだったでしょうか。

以上よりMEの方が高機能で高価格、PEの方は機能が簡略化されている分低価格と思ってもいいかもれません。

O1-275MEとO1-276PEによる波動解析・波動調整は、医師が行う健康診断や治療などの医療行為ではありません。