マインドセット

幸せの最短ルート

幸せの最短ルート

学生時代に点と点を結んだ距離が最短距離と学びました。

ところがスマホを使った目的地を検索したとしても、人は道を動くので、点と点と結んだような最短距離にはなりません。

スマホを使った目的地検索は、自分にとって最短ルートを選択するかの判断は自分ですることになります。

最短ルートを決めることは、スマホの目的地検索に限ったことではありません。

これは人生と似たようなものです。

人が幸せを感じるには

人が幸せになるかは、感情(意識)満足することなのです。

人にはそれぞれ価値観が違うので、感情が満足するかどうかは自分にしか分かりません。

例えば月収30万円で満足できる人もいれば、月収100万円でも満足できない人もいるように感情が満足できるかどうかは人の価値観により変わります。

どんな偉い人でも、普通の人でも価値観による「感情の満足スイッチ」があって例外はありません。

ちなみに感情は意識であり、意識は思考ではありません。

感情イコール思考という概念は過去の概念になります。

意識は素粒子情報

意識は素粒子情報になります。

つまり「満足した感情」も素粒子情報なので、自分でそのような状態を作ることができます。

素粒子の性質で、「素粒子はエネルギー状態で人の意識が介入すると物質化する」という性質があります。

物質化の意味は、あなたが最終的に求めている感情が満足した状態は、今ここで作れるということになります。

感情の満足スイッチ

あなたは、「感情が満足した」という状態を、今ここから選択できるんです。

「感情の満足スイッチ」を押したいですよね。

でも、「感情の満足スイッチ」を押さない人もいるんです。

今ここから「感情の満足スイッチ」を押せばいいのに押さないのはどんな理由があるのでしょうか?

考えられる最も多い理由は、何かを手に入れなければ感情が満足した状態を得られない、またはできないと思い込んでいることがあります。

感情の不満足スイッチもある

一見、お金が溢れるほどあれば満足した状態を得られる得られると思いがちですが、それでけでは決して満足できないこともあり得ます。

紀州のドン〇ァンもその一例ではないでしょうか。

お金や愛情に代表されますが、人は足りないと思ってしまうと、足りないということばかり目が行ってしまし、これではいつまでたっても「感情の満足スイッチ」を押すことができません。

このような不足感は執着であり、執着は手放しましょう。

執着は「感情の不満足スイッチ」を押すことになります。

感情の満足スイッチを押そう

あなたは「感情の満足スイッチ」を押せは幸せになれる事実を知りました、あなたはどうしますか?

あなたは「感情の満足スイッチ」を押すこともできれば、「感情の不満足スイッチ」を押すことを選択することができます。

幸せになりたいならまず、自分の感情が満足している状態をなるだけ自分で選択していきましょう。

感情(意識)という素粒子は、「人の意識が介入すると物質化する」という性質から現実化しやすくなるからです。

あなたが満足した意識状態なら、量子の状態も確定し続け、なりたい自分になれる確率がどんどん上がるのです。

これこそ、あなたが幸せの最短ルートを決定していくことではないでしょうか。

もう何かを手に入れてないから満足できないとか、私には能力がないからできないという「感情の不満足スイッチ」を押すのはやめませんか?

「感情の不満足スイッチ」は執着にすぎません。

余計な寄り道はせずに「感情の満足スイッチ」を選択すれば幸せの最短ルートになります。

身につくスピリチュアル養成講座

スピリチュアルの能力であるヒーリングやリーディングを身につけ、人気のでるパワーヒーラーになるための必要な要素全てをこの養成講座に盛り込みました。

最短4時間でスピリチュアルの能力が身につきます。