O1-275ME

量子波動器オールワン275東京波動調整体験会、メタトロン機能と価格などの違い

量子波動器オールワン275の価格と東京体験会、メタトロンとの違い

今評判の世界初電波式の超小型量子波動器オールワン275ME(allone275ME、O1-275ME)についての原理や効果を解説し、ロシアの量子波動器として日本でも有名なメタトロンとの価格や機能の違いやオールワン275による波動測定、波動調整、東京で行っているオールワン275による波動分析と波動調整体験会について記事をかきました。

オールワン275(allone275)の価格や都内での体験会については下記を参照してください。

オールワン275MEの名称について

O1-275MEはロシアの宇宙飛行士がなぜ長期に宇宙に行けるのか?というのに疑問を持った台湾のDr.LU博士が20年に渡って研究し発明した量子波動機器で、効果が認めるからこそ、アメリカ航空宇宙局(NASA)に採用され、NASAの宇宙飛行士の宇宙服にも縫い付けられています。

O1-275MEの名称は

  • 一つで全身の波動分析と波動調整を行うのでオールワン(オールインワンの略)
  • 人間の細胞は60兆個あり、大きく細胞の種類を分類すると274種類になりその次の番号で275
  • MEはMedical Edition

から命名されています。

O1-275MEの役割と効果

体の細胞の良い状態の波動(振動数)は決まっていています。そしてウィルスなども、今、世間を騒がしているCOVID-19も波動をもっています。

波動というとかなりオカルトに聞こえますが、量子力学の父と呼ばれ、量子論でノーベル賞を受賞したドイツの物理学者マックス・プランクは「全ては波動であり、その影響である。現実には何の物質も存在しない。全てのものは波動から構成されている。生命は波動によって生かされている。」と言っています。

オールワン275は、AIで体の細胞からでる波動(波長)エネルギーを測定して、全身274種類の細胞の数値判定(1~6)による細胞の波動分析と波動のズレを調整のできる効果がある量子波動機器になります。

原理的にはMRIの技術を応用した量子波動器になります。

機能的に似ている量子波動器としては、サイマティクス(イギリス)、バイオレゾナンス(ドイツ)、メタトロン(ロシア)、ニュースキャン(ロシア)などがあります。

O1-275MEは電波による波動分析・波動調整

  • 細胞の波動(周波数)を調べる → 「波動(波長)分析」
  • 細胞の波動のズレを調整する  → 「波動(波長)調整」

オールワン275の波動による人体周波数分析技術は、日本、台湾、アメリカ、ロシア、ウクライナ、中国の6カ国で発明特許を取得している最新の技術になります。

オールワン275発明特許

オールワン275(O1-275ME)による波動解析・波動調整は、医師が行う健康診断や治療などの医療行為ではありません。

体の細胞は、各細胞ごとに状態のよい周波数(波動)は決まっています。オールワン275は細胞の波動分析しズレを調整する量子波動機器になります。

オールワン275とメタトロンのような他の量子波動測定機器との違い

メタトロンとオールワン

メタトロンに代表される波動測定機器の名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。ここではロシア波動医学の結晶と呼ばれるメタトロンとNASAも使用している量子波動調整器でありシューマン共振発生機でもあるオールワン275の機能を比較してみます。

機能面の違い

波動測定と調整するという面ではオールワンとメタトロンの機能は同等です。値段が高ければ効果があるわけでなく、波動コードというものは共通なので波動調整という最終的な目標は同じになります。

違いとしてはメタトロンは測定でも測定の度合いによって15分~1時間くらいかかりますが、オールワンは全身でも僅か数秒で測定は完了します。

効果の違いは、メタトロンを含めた従来の量子波動機器は音波による波動調整でジックリ型に対して、O1-275MEは電波による波動調整であるので、O1-275MEの方が波動調整がスムーズにすることができます。

また、メタトロンを含めた従来の量子波動機器はヨーロッパ方面(イギリス、ドイツ、ロシアなど)で開発されたもので西洋医学的な思想が中心で開発された量子波動機器です。

対してオールワン275は東洋医学的要素と西洋医学的な思想を含んで開発された量子波動機器でチャクラや経絡、ツボ、五行などの思想も絡んで波動調整します。

オールワン275にない機能としては、メタトロンにある「体に波動に合う食品」や「体に波動に合う鉱物や植物」の分析機能はまだ装備されていません。(2020年現在)

使用する時の難易度

メタトロンは医師向けや個人向けのバージョンがありますが機能がありすぎてきちんとした知識をもってないとすべての機能を使いこなすのは難しいです。

対してオールワンはきちんとしたサポートをしてくれる代理店から購入すれば使っていくうちに覚えていきますので、難しいということはありません。どちらかというと習うよりも慣れろという感じに近いきがします。

オールワンの代理店によっては製品の価格の他にサポート費用という価格を取るところがありますので購入前に確認してください。私達の代理店ではオールワンの商品価格以外にお金は頂いておりません。

携帯性:電源と大きさの違い

メタトロンの場合は、以前より小さくなったとはいえ箱状の本体、ノートパソコンとメインセンサーであるヘッドフォンを使い、大きさから持ち運に不便です。メタトロンはノートパソコン充電ができる以外は常に電源が必要になります。

オールワン275は時計タイプ+iPad(iPhoneでも可)ともに充電式でコンパクトでどこにでも運ぶことができます。私も場合出張が多いのでかなり重宝しています。

オールワンに関しては本当に小さいので本当にこれ?って体験会で聞かれることも多いです。

バージョンアップによる違い

メタトロンの場合はバージョンアップする度に新しい機器を全て買い直さなければなりません。

オールワン275はソフトウェアがiPadのアプリなので無料で即バージョンアップ可能です。最新アプリO1-275-6FIが導入されていない旧機種本体をお持ちの方にはお得なバージョンアッププログラムがあります。

オーワン275は日本で発売されて、メーカーが2回値上げしております。その価格差よりもバージョンアッププログラムはかなりお得になっています。

オールワンバージョンアップ価格

2020年現在発売されているオールワンのアプリはO1-275-6fiになります。売れない代理店だと在庫あまり古い本体でO1-275MEのアプリのオールワンを売られるケースを聞いておりますので購入前にはご確認ください。

オールワン275MEの価格とメタトロンとのコストの違い

メタトロンは1台買うのに高級車1台分(ロータスで400万円程度)くらいかかります。O1-275MEの価格は約5分の1程度+ipadの価格です。

オールワンの波動測定は全身わずか数秒。電波式なので波動調整はスムーズ。バージョンアップも無料でコンパクトと良いことばかりです。

商品名
価格(税抜)2019年12月現在
オールワン275ME 666,000円
オールワン276PE(個人用) 200,000円

実際のO1-275ME

オールワン275ME

<画像のiPadはiPad mini>

オールワン275は下の画像のように時計のように身につけるウェラブル端末で、iPadと一緒に使用します。

iPhoneでも問題なく使用できますが画面の小ささと電池の持ちが心配なので私はiPadを使用しています。これから追加される新機能(量子虹彩分析など)はiPhoneの機能が必要となってくるので個人的にはアイフォンの使用をおすすめします。

O1-275MEによる波動分析してみた

iPadでアプリを起動して、端末とブルートゥースで接続します。するとこのような画面がでてきます。

オールワン275初期画面

最初は、波動分析をします。以前は「顔の識別」か「磁気誘導分析」のいずれかで体の波動を分析していましたが現在は、「FIスペクトル分析」に統合されました。顔識別は、顔つきや目の光彩や脈や体の経絡を通しての波動から波動分析します。

開発者であるDR.LUは医師で顔つきを見ただけで、体の具合がわかるそうです。登録者以外で波動分析をする場合はゲストポイントを1つ消費します。

オールワン275

FIスペクトル分析をするとなんと数十秒後に全身のスキャンが完了します。この速さには本当に驚きます。

レポートは波動の異常予測の分析報告という名前で19ページあります。レポートはメールやエアドロップで送ることもできます。

レポートは詳しく細胞の波動で調子を6段階評価で出します。数字が小さいほど、細胞の波動状態は良い状態になります。

オールワン275のレポート

レポートみて気になる部分やどこか知りたければ、NLD24D分析で以下のように画像でみることもできます。

NLS24D分析

上の左側の画面で「九つのチャクラ」をクリックすると、次の画像のように拡大でエネルギー状態を表示します。

そしてスペクトル干渉という簡易的な調整をすることも可能となっています。

NLS24Dのスペクトル干渉後

これで気になる部分の波動がどの部分がわかりスペクトル調整することができます。

O1-275MEによる波動解析・波動調整は、医師が行う健康診断や治療などの医療行為ではありません。

体の細胞は、各細胞ごとに状態のよい周波数(波動)は決まっています。オールワンは細胞の波動分析し適度な波動に調整する機器になります。

波動調整の4つのモードについて

オールワン275調整モード

波動がちょっと気になるなら、波動調整することもできます。波動調整モードは4つあります。

  • O1 木火土金水 五行感応
  • O1 Fusion 瞑想モード
  • O1 量子スペクトル
  • O1 運動モード

の4つです。

オールワンはアプリによるバージョンアップが無料なのです。他の機種の量子波動機はバージョンアップをすると度に買い直しのケースもあります。

O1スペクトル転写は個人用のオールワン276PEの調整をしたり、波動水を作れるように転写ができる機能になります。波動転写の場合はiPhone7以降のNFC搭載モデルが必要です。

O1運動モードというものもありますが、スクワットのような太極拳の動きを300回もするので疲れるので私はやりません。マインドフルネスみたいなものなので体には良いんですけどね。

運動モード

O1 木火土金水 五行感応モード

木火土金水五行の感応モード

O1 木火土金水 五行感応モード(旧感応モード)は、マニュアルには、「体内にあるツボから発信された600~700Kの電波を感受しながらツボの誘電強度(絶縁耐力)や質の変化に従い、ツボの誘電強度や質の変化を調整しています。」と書いてあります。

イメージ的には全身にあるツボを1度に針治療しながら波動調整するイメージです。ちなみに本当の針治療ではないので痛みは全くありません。疲れを実感している人向きのモードです。

だいたい20分くらいウェラブル端末を付けていると80%以上の波動は良い状態に調整されます。

木火土金水五行の感応モード

O1 Fusion 瞑想モード

瞑想モード

O1 Fusion 瞑想モード(旧瞑想モード)は、スピ系が好きな人にはおすすめのモードです。

O1 Fusion 瞑想モードは、チャクラや全身のツボを刺激しながら、漢方薬、アロマオイル、薬草、ホメオパシーなど波動の両方で細胞の波動を調整していきます。瞑想モードで調整すると瞑想後のようなすっきりした感覚になるのでストレス解消になります。

このO1 Fusion 瞑想モードがスピ系が好きな人にたまらないかというと・・・。このフュージョンモードは、直感力高めることもしてくれるので、私のようなスピ系の方にはおすすめです。

フュージョンモードをすると霊感の強い人は、感じることもあるようです。ちなみに下の画像の「目」のようなところがインスピレーションエネルギーを表しているので直感力になります。

このモードも20分くらいの使用で80%以上の波動調整ができます。

フュージョンモード

O1 量子スペクトル

量子もつれモード

最後は、O1 量子スペクトルモード(旧量子もつれモード)になります。量子のもつれを波動で調整しますが、感応モードと波動調整のアプローチが違う強力な宇宙や社会と同調できるモードです。

2018年10月頃にO1 量子スペクトルモードに新たな機能が追加になりました。上の画面にO1、腎臓、三焦、肺臓、脾臓、心臓、肝臓とい書いてある部分をタッチすると音がでるようになりました。音波と電波の両方で調整できる量子波動器はオールワンだけです。

この音の方にもオールワンは力を入れており、波動調律を行ってくれます。とても心地の良いサウンドです。このO1 量子スペクトルモードは60分で90%近くの波動調整ができます。

O1 量子スペクトルモード調整は、最近個人用のオールワン276PEにも追加になりました。

量子もつれモード

上の調整画面に「シューマン共振」があります。シューマン共振はご存知でしょうか?シューマン共振は、ドイツの物理学者であるシューマン博士が見つけた地球が生まれた頃の雷が鳴り響く時代からの太古の波動と言われてるものが未だにあって地球の地表と電離層との間にある波動になります。

太古からあるシューマン共振は周波数のピークがいくつかあるのですが、その中で低い周波数が消えかけているなんて話も聞きます。そもそも何億年前の波動が残っているというのも凄いんですが・・・。

シューマン共振は、地球や人類を育んて守ってきた重要な波動です。NASAの宇宙船にシューマン共振発生機があると噂されていますが量子スペクトルを使えばシューマン共振に合わせることができます。

オールワン275の購入を検討されている方へ

オールワン275は高機能で超小型の量子波動機器でお求め安い価格ですが、日本にまだ入ってきたばかりなのであまり知られていません。

O1-275MEの本体価格の他にiPad(2015年1月以降のモデル)かiPhone(7以降)が必要になります。

商品名
価格(税抜)2019年12月現在
オールワン275ME 666,000円
オールワン276PE(個人用) 200,000円

メタトロンやニュースキャンを購入検討されている方には価格的にも魅力的だと思います。また会社を経営されている方は従業員への福利厚生にも役立つと思います。整体院の方や医師の方にも購入実績はあります。

現在、私自身が代理店としてサポートも行っているので御安心ください。サポート費用のような価格もいただいておらず上記商品代のみで購入することができます。

オールワン275体験会日程

オールワンを購入を検討されていて体験してから購入したい場合は、ほぼ毎週金曜日に東京都内の門前仲町駅周辺にて「オールワンの説明会と波動測定、波動調整体験会」を行っています。

ほぼ毎週金曜日(平日の金曜日)のオールワンの体験会の費用は3,000円(税抜)です。他の代理店とは違う一人あたり60分以上かかる体験を行います。もはやフルコース的な感じです。

日程 2020年4月3日(金)、4月17日(金)
時間 13時~17時(途中退出OKです。)

金曜日でご都合のつかない方は、個別にて5,000円(税抜)で行います。土日祝日は研修や他の仕事の出張をしていることも多い為、基本平日で要相談でお願いたします。購入の場合は土日祝日でもお問い合わせください。

実際に体験してもらい納得していただいてから購入していただくスタイルを取っていますので安心してくださいませ。

オールワン275購入相談・体験会

O1-275MEの体験してみたい、購入を検討されている方は以下のフォームにてご連絡していただけたらと思います。

オールワン購入相談・体験会参加フォーム
お名前  *
メールアドレス  *
住所  *
電話番号  *
希望日・備考欄  *

ほぼ毎週金曜日のオールワン体験会の詳しい内容は以下のページをご確認ください。

東京江東区・オールワン体験会
オールワン275【東京】量子波動器体験会 令和2年4月(随時更新)...

キャッシュレス・ポイント還元事業による還付について

キャッシュレス・消費者還元事業
キャッシュレス・ポイント還元事業により、東京の店舗でOrigamipayの決済にてオールワンが5%還元(上限2,000円)で購入することができます。

オールワン275ME:66.6万円(税抜)⇒2,000円還元
オールワン276PE:20万円(税抜)⇒2,000円還元

Origamipayの支払いで、登録できるカードはVISAとMasterのみ

2019年10月1日~2020年6月30日の間で、東京の店舗までお越しになりOrigamipayにて決済されることが条件になります。

竜至に質問をする
ご質問はLINE@にしていただいても大丈夫です。