スピリチュアル

エナジーコントロールとは?

エナジーコントロールとは

エナジーコントロール(R)とは、一般社団法人エナジーコントロール協会の代表理事である最神龍華が20年にわたって研究開発したスピリチュアルであるヒーリングやリーディングを科学で再現した量子論をベースとした潜在意識書き換えのメソッドです。

エナジーコントロール(R)は、波動(電磁気力)で潜在意識である素粒子(バイオフォトン)の情報を直接書き換えることによりトラウマや固定観念を消去してから、なりたいように潜在意識である素粒子情報を書き換えていきます。

ただ単に潜在意識の書き換えと言っても何がなんだかわからないでしょうし、潜在意識の書き換えというとヒプノセラピーなどもあるので違いはわかりにくいかもしれません。

そこで、エナジーコントロール(R)について詳しく知りたい方へ、最初に意識の説明をしますのでご覧になってください。

意識について

顕在意識と潜在意識について

意識には顕在意識と潜在意識があります。氷山でよく例えられますが、目に見える氷山の部分が「顕在意識」で、海に沈んだ目に見えない部分が「潜在意識」に例えられます。

  • 顕在意識は目に見えるもの、通常意識できるもの
  • 潜在意識は目に見えなく、無意識なもの

となります。

私たち人間の意識は顕在意識と思いがちですが、意識のほとんどは無意識な潜在意識です。諸説ありますが、顕在意識が7%、潜在意識が93%と言われています。

人間の目で見える部分は可視光線になります。可視光線は波長が350~800nm(ナノメール)もしくは振動数が405~790THz(テラヘルツ)となっています。

現在、波動を測定できる量子波動器はプラス・マイナス無限大の値を測定できると言われており、目に見える部分である潜在意識はいかに少ないかを理解いただけるはずです。

潜在意識はさらに分かれる

意識について

さらに潜在意識は2つに分かれます。正式な用語はないのでこのように説明上分類します。

  • 確定された潜在意識(記憶、概念、観念、共通意識の素粒子情報)
  • 未確定の潜在意識(確定された潜在意識以外の素粒子情報)

潜在意識は意識の中の93%なので、私たちの見ている世界そのものが幻想で、自分自身の存在以外はすべて幻かもというくらい見えない世界になります。

エナジーコントロール(R)では、確定された潜在意識も未確定の潜在意識も技術によって書き換えていきます。

意識はどこにあるのか?

思考は電気信号

ところで意識はどこにあると思いますか?意識は脳にあると思いますか?結論から言うと意識というものは脳にはありません。

「意識は肉体的な死とは別物である上、脳が意識を生み出しているわけではない」とロバートランザ博士(アメリカの再生医学博士)は言っています。

よく意識と思考と勘違いされている方がいられますが、意識と思考は全く別物です。思考は、脳内の電気信号であると言われています。

意識は素粒子情報として漂っており、イメージした瞬間に目の前に現れます。意識などの素粒子情報は、空間に漂っています。

空間には「物理空間(物質空間)」と「ゼロポイントフィールド(情報空間)」があります。物理空間とは、私たちがいつもいる目に見える空間です。

物理空間とゼロポイントフィールドとは

意識は頭上にある私たちは顕在意識と確定された潜在意識(割合は状況により変わる)と同調しています。

この世は、宇宙全体へ広がりすべての情報が畳みこまれているゼロポイントフィールドといわれています。ゼロポイントフィールドは量子力学での専門用語になります。

ゼロポイントフィールドは、スピリチュアル業界ではアカシックレコード、アインシュタインは愛、宇宙、情報空間など他にも、いろいろな名称で呼ばれています。

ゼロポイントフィールドある宇宙にも広がっている畳みこまれている情報の中には、感情や意識や感謝や祈りなどの素粒子情報も含まれています。

素粒子とは高校の物理学で学んだ原子や分子よりも小さいものになります。人体や物も粒子を小さくみていく素粒子(最終的には仮設で超ヒモ:超弦理論)になります。原子や分子よりも小さい素粒子の分野の学問を量子論といいます。

私たち人間も目で見ると穴はありませんが、素粒子レベルでみるとスカスカの穴だらけで、wifiの電波などやレントゲンなどのX線は人体を通過してしまいます。

世の中上手く行かない人が多い理由

人生はダメと思い込んでいる人上手く行かない人と上手く行く人の違いはとても簡単です。意識である素粒子の性質を上手につかっていないからだけなのです。

素粒子には、波(非物質)でもあり粒(物質)でもあるという現象があり、意識が介在しないと物質化せず、意識が介在すると物質になるという性質があります。

上手くいっていない人は、確定された潜在意識(記憶、概念、観念、共通意識)によるトラウマにより悪い素粒子情報と同調しています。いわゆる無意識のネガティブ状態。

つまり無意識に未確定の潜在意識から「運が悪い、悲しい、お金がない、うまくいかないなどの」マイナスの素粒子情報をおろして同調していることになります。つまりネガティブな意識がネガティブであることを確定していることになります。

反対に上手く行っている人は、その都度ゼロポイントフィールドにある未確定の潜在意識からうまくいく素粒子情報引っ張ってきて同調しています。

「思考が現実化する」という自己啓発本がありましたが量子論の観点からすると「意識が現実化する」ということになります。

エナジーコントロール(R)で行っていること

エナジーコントールの効果

エナジーコントロールコンシェルジュ(R)である私たちがクライアントである依頼者の潜在意識を書き換える手順としては、最初に確定された潜在意識であるトラウマを除去する。

次に都合の良い素粒子情報を未確定の潜在意識から取って、クライアントの確定された潜意識を波動(電磁波)でダイレクトに書き換えます。この潜在意識をダイレクトに書き換えるのがヒプノセラピーのように時間はかからず短時間で効果がでるのです。

意識の93%である潜在意識を書きか消えるわけですから、人生が上手く行かないわけがありません。

エナジーコントール(R)のかけ方

エナジーコントロールのかけ方

エナジーコントロール(R)の基本的なかけ方は、技を意識して手でこねる、熱を感じたら人にかけるだけです。すごく簡単、レイキのようにマントラも覚える必要はありません。

ただ、普通の人が手をこねただけではエナジーコントロール(R)を使うことはできません。

エナジーコントロール(R)をマスターするには

伝授とは

エナジーコントロール(R)養成講座を受講することでマスターできます。気功やレイキにもありますがアファーションや伝授と言われる技術を使って行います。

伝授は、アルゴリズムやプログラミングです。アンカー(記憶)とトリガー(きっかけ)を用いて受講生に技術を封入します。

トリガーによって、スイッチを押したら、アルゴリズムやプログラミングが作動して、エナコンの技ができるようになります。エナコンのトリガーは技の名前とイメージになります。

伝授が便利なのは、自分で技が作れなくても、龍華の作ったエナコン技術の伝授を受ければ、誰でもエナコン技術が使えるようになることです。

まとめ

エナジーコントロール(R)まとめ

  • 意識には顕在意識と潜在意識がある。
  • 潜在意識は更に、確定された潜在意識と未確定の潜在意識に分かれる。
  • 意識の割合は、諸説あるが顕在意識が7%、潜在意識が93%。
  • 潜在意識は意識の中の93%で、なかなか上手く行かないのは潜在意識が上手く活用できていないのも原因の一つ
  • 物理空間(物質空間)とは、私たちがいつもいる目に見える空間です。
  • ゼロポイントフィールドの情報は人類のすべての情報が折りたたみまれているし、意識や感情であり、目に見えない素粒子も含まれる。
  • ゼロポイントフィールドは、スピリチュアル業界ではアカシックレコードアインシュタインは愛、宇宙、情報空間などいろいろな名称で呼ばれている。
  • 上手く行かない理由はゼロポイントフィールドの「運が悪い、悲しい、お金がない、うまくいかない」などのマイナスの素粒子情報に無意識に同調している。
  • 思いのままの人生を送るには、確定された潜在意識にあるトラウマなどを消去し、未確定の潜在意識に同調している素粒子情報を書き換えてしまえばいい。
  • 意識の93%である潜在意識を書きか消えるわけですから上手く行かないわけがない。
  • エナジーコントロール(R)とは、最神龍華が作った量子論をベースとした潜在意識書き換えメソッド
  • エナジーコントロール(R)は技を伝授されれば手をこねてイメージしただけで使うことができる。